四季工房に任せる設計や建築|ハイグレードハウス



戸建ての購入

一戸建て住宅の購入にあたって

日本人はマイホーム志向が強く、今は賃貸に住んでいる人でもいつかはマイホームを手に入れたいと考えている人も多いといわれています。とはいえ、日本では昔から持ち家が一般的だったわけではなく、戦前までは都市部を中心に庶民は借家暮らしが一般的でした。戦災からの住宅復興や都市部への人口集中と歩調を合わせて、高度成長期には大都市郊外に大規模住宅団地が建設され、住宅ローンが普及したこともあって、このころから急速にマイホームを持つことが人生の成長モデルとして一般化してきたといわれています。なかでも広々と子育てをすることができる一戸建てのマイホームは、庶民にとって憧れかつ、住宅ローンを組めば実現できる理想の城と考えられてきました。

しかし、バブルの崩壊以降は土地価格は右肩上がりという土地神話も崩壊し、近年では人口減少傾向も相まって、地域によっては将来は大きく不動産価格が下落する可能性があります。これから一戸建てを購入するにあたっては、どの地域に購入するかといったことを十分精査する必要があります。間取りなどはリフォームで変更することもできますが、立地条件だけは自分で変更することができないからです。また、新築一戸建ては価格も高く、建築業者等の利益が上乗せされて販売されているため、購入直後に大きく資産価値が下落することが一般的です。家族構成などからどうしても一戸建ての購入にこだわるのであれば、中古の一戸建てを購入するという選択肢もあります。